aa0b14b3-s


「サンダードラゴンデッキ」の紹介


話題の「サンダードラゴンデッキ」を紹介します。「サンダードラゴン」「双頭の雷竜」はカードトレーダーで交換できるモンスターカードです。交換コストが高いですが、それだけの価値がある性能を持っています。

この4枚の入手難度が高いので、他はレアリティの高いカードを極力少なくして、尚且つ安定して勝てるデッキを目指しました。

サンダードラゴンデッキ
総合評価
S
作成難易度
★★★★☆
推奨スキル
頂きに立つ者(海馬)

デッキレシピは以下の通りです。


「サンダードラゴンデッキ」のデッキレシピ


モンスターカード
レアリティ
枚数
サンダードラゴン
SR
3
スカイハンター
R
3
セイントバード
N
2
スケルエンジェル
R
3
イリュージョンシープ
R
1
破壊神ヴァザーゴ
R
1

魔法カード
レアリティ
枚数
閃光の双剣ートライス
R
1
強欲なカケラ
SR
1
フュージョンゲート
UR
1
融合
SR
2

罠カード
レアリティ
枚数
強引な安全協定
N
2

エクストラデッキ
レアリティ
枚数
紅陽鳥
R
3
双頭の雷竜
SR
1



「サンダードラゴンデッキ」のデッキコンセプト


「頂きに立つもの」でモンスターステータスの底上げを


今回は海馬のスキル「頂きに立つもの」を採用する前提でデッキを作成しました。これはドラゴン族・鳥獣族・雷族モンスターの攻撃力・守備力を200上げてくれるので、デッキも対象モンスターを中心に組んでいます。

34

最終目標は「双頭の雷龍」「紅陽鳥」を召喚して、相手モンスターを押しきることです。そのために必要なモンスターと「融合」または「フュージョンゲート」を引くために、ドロー促進カードも多く採用しています。




「サンダードラゴンデッキ」のプレイング


序盤について


「スカイハンター」「セイントバード」はスキルのおかげで攻撃力と守備力の底上げができています。この二つで場を維持しつつ、融合召喚の準備を整えていきましょう。

13



中盤について


「スケルエンジェル」をセット、または「強欲なカケラ」の発動でドローを加速しつつ「融合」か「フュージョンゲート」が手札に揃うのを待ちます。「イリュージョンシープ」「破壊神ヴァザーゴ」は正規の素材と組み合わせることで、
「紅陽鳥」「双頭の雷龍」どちらの召喚にも使えます。


03



終盤について


「紅陽鳥」または「双頭の雷龍」を召喚できれば、高いステータスで相手を圧倒できます。「閃光の双剣-トライス」を使って1ターンキルを狙うことも可能です。



「マジックジャマー」に注意


融合の際に最も警戒しなくてはならないのは「マジックジャマー」です。このカードは魔法の発動を無効にする効果があります。そこで融合の際には「強引な安全協定」を事前に発動させて妨害を阻止しましょう。

33
 



「光の宝玉」を集めるのが大変ですが、それだけの分はサンダードラゴンが活躍してくれます