海外の解析で未実装のURカードが判明!?


前々回の記事前回の記事に続いて、海外の解析情報をお届けします。

「ウォーター・ドラゴン」


海外解析38


【効果】
このカードは通常召喚できない。「ボンディング-H2O」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、炎属性と炎族モンスターの攻撃力は0になる。このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地に存在する「ハイドロゲドン」2体と「オキシゲドン」1体を特殊召喚する事ができる。



「トゥーン・ヂェミナイエルフ」


海外解析37


これが事実なら、3度目の「トゥーンワールドへの招待」開催フラグでしょうか?

【効果】
(1):このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。
(3):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる。
(4):フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。



「ブローバック・ドラゴン」


ブローバック・ドラゴン


すでにレジェンドキースが使用していますが、やはりURでの実装でしょうか。

【効果】
コイントスを3回行う。その内2回以上が表だった場合、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。


 

「トゥーン・キャノン・ソルジャー」


海外解析35


こちらもトゥーンですね。トゥーンデッキは大幅強化か。

【効果】
このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃する事ができない。自分フィールド上に「トゥーン・ワールド」が存在し、相手フィールド上にトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。フィールド上の「トゥーン・ワールド」が破壊された時、このカードを破壊する。また、自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースする事で、相手ライフに500ポイントダメージを与える。

 

「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」


海外解析34


解析情報では、闇マリクの初期デッキで入手可能とのことです。こちらの記事では召喚シーンの動画もご紹介しています。

【効果】
このカードは通常召喚できない。相手フィールドのモンスター2体をリリースした場合に
相手フィールドに特殊召喚できる。このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。自分スタンバイフェイズに発動する。自分は1000ダメージを受ける。


 

「闇紅の魔導士」


海外解析33


またもや魔力カウンター系のカードです。

【効果】
このカードが召喚に成功した時、このカードに魔力カウンターを2つ置く。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。このカードに乗っている魔力カウンター1つにつき、このカードの攻撃力は300ポイントアップする。1ターンに1度、このカードに乗っている魔力カウンターを2つ取り除く事で、相手の手札をランダムに1枚捨てる。



「混沌の黒魔術師」


海外解析32


魔法使い族デッキが本当に大幅強化されそうです。

【効果】
「混沌の黒魔術師」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンのエンドフェイズに、自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動する。その相手モンスターを除外する。
(3):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。



「マンジュ・ゴッド」


海外解析31


凄いのきちゃいました!

【効果】
このカードが召喚・反転召喚に成功した時に発動できる。デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。



「サイバー・ブレイダー」


海外解析30


【効果】
 「エトワール・サイバー」+「ブレード・スケーター」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):相手フィールドのモンスターの数によって、このカードは以下の効果を得る。
●1体:このカードは戦闘では破壊されない。
●2体:このカードの攻撃力は倍になる。
●3体:相手が発動したカードの効果は無効化される。




凄いカードばかりですね
あと1回あります